フィルムの剥離・貼り直し作業

傷がついて視界が悪い、剥がれや空気が目立つフィルムの貼り直し作業も承ります

フィルムの曇りや傷、剥がれが目立ってきたら貼り替えのサイン。フィルム寿命は内貼りで10年から15年です。

シルバー遮熱フィルム剥がれ

都内のビルでシルバー遮熱フィルムが貼られています。

約20年前のビル建設時に施工された様です。東側で日当たりの良い2階〜4階の窓を全て貼り替えています。

 

東側なので日が当たっても午前中までですが、流石に20年経過しているのでガラスからフィルムが浮いてしまっている窓が殆どでした。

この状態では遮熱効果だけでなく、UV効果や飛散防止効果も低下してしまい、機能されていない状態です。

 

トータルで約50㎡を剥離し、新たにグラフィルのシルバー遮熱フィルムRSP15を施工させて頂きました。

 

この剥離作業は大変苦労致しました。


 

寝室

埼玉県の高層マンションでの事例です。

 

入居時に遮熱フィルムを施工され、約15年が経過した様です。

徐々にくもり具合が酷くなってきたので窓ガラスクリーナーを使用し掃除をされた様ですが、さらに酷くなってしまったと話されていました。

フィルムにガラスクリーナーはNGとお伝えすると、ビックリされていました。

 

剥離後、グラフィルの透明遮熱フィルムNS60の貼り直し作業を行いましたが、視界がクリアーになりとてもお喜び頂けました。


 

剥離の為の養生中
フィルム剥離後

武蔵野市のマンションで、フィルム剥離作業中の写真です。20年前、入居時に遮熱フィルムを施工された様でしたので少しでも剥離しやすくする為にポリエチレンフィルムで加湿養生をしています。

流石に施工後20年のフィルム剥離は苦労しました。

 

きれいに剥離した後は、サンゲツの透明遮熱フィルムGF102を貼り直しさせて頂き、お喜び頂けました。

 

 


 

剥離後のフィルムお決まりでしょうか?

下記⏩から各窓フィルムの説明をご覧ください。

遮熱フィルム 、UVカットフィルム 、飛散防止フィルム 、防犯フィルム 、目隠しフィルム ⏩、断熱・遮熱フィルム 、抗菌抗ウィルスフィルム

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。