施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

群馬県高崎市のマンションW様よりタクミの強貫通対策フィルム SN350の施工依頼を頂戴しました

強貫通対策フィルム施工後

群馬県高崎市の新築マンションにお住まいのW様より防犯用の窓ガラスフィルムを施工したいとのお問い合わせを弊社HPより頂戴しました。

 

写真は株式会社タクミのグラフィル 強貫通対策フィルムSN350(総厚350μm)を施工した後です。

 

3M, 理研テクノス、タクミの選択肢の中で検討頂き、CPマークに拘りはないとのことでしたので、グラフィルSN350に”不正侵入不可シール”付きで提案させて頂いてます。

 

不正侵入不可シールは外貼りも可能で、窓ガラスの右下に貼り付けています。

施工前 会議室

こちらは施工前の写真です。

 

お引っ越し前に現地調査させて頂いた際の写真で、未だ空調設備も取り付いていませんでした。

 

今回、強貫通対策フィルム グラフィル SN350をリビングダイニンとキッチンの2箇所に施工させて頂きました。


 

グラフィル不正侵入不可シール

空き巣対策にCPマーク付き防犯フィルムを施工することはガラス破りに対してとても有効的な手段です。

CPマークはガラス破りに大変抑止効果が有りますが、グラフィル製品を施工した際は、不正侵入不可シールを貼り付けることで同等な効果が期待できます。

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。