施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

富士見市の医療機関I様よりシルバー遮熱フィルム タクミグラフィルRSP15の施工依頼を頂戴しました。

RSP15施工後

富士見市の医療機関I様よりA館とB館を繋ぐ渡り廊下の南西向きの窓ガラスにシルバー遮熱フィルムを施工したいとのお問い合わせを頂戴しました。

 

午後になると強い日差しが容赦無く差し込んできますが、渡り廊下でブラインドやカーテンもない場所でしたのでフィルムによる遮熱・遮光効果はとても感じられると思います。

 


 

和室施工後

渡り廊下の内側からの写真です。

シルバー15タイプでも南西向きの為、結構明るく感じます。

 

見ての通り、柱の裏の施工が一番の難関でした。柱とガラスの距離は約150mm、サッシの左奥までは約500mm有ります。余分なフィルムをカットするだけでも一苦労でした。

 

かなり眩しさが軽減されました。


 

施工前
柱の裏作業
未施工と施工後の比較

1枚目は施工前の渡り廊下です。

2枚目は柱の裏側を施工中の写真です。

3枚目は未施工の状態と施工後の状態を比較した写真です。明るさ、眩しさの違いがわかります。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。