施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

新座市のリフォーム会社J様のご依頼でN様邸へミラー目隠しフィルムの施工をさせて頂きました

アンバー35施工後

新座市の一戸建てN様邸へミラー目隠しフィルムの施工依頼をリフォーム会社ジャストリー様より頂戴しました。

 

リフォーム作業の一貫として窓まわりはリビング、和室、浴室などブラインド取り付け工事と並行して既設のサッシにマジックミラータイプの目隠しフィルムを施工させて頂くことになりました。

 

N様邸は窓ガラスの種類が多く、リビングはLOW-E、和室はフロート、浴室と階段上は型板ガラス、屋上出口ドアはペアガラスと、内貼りは3Mアンバー35、型板ガラスへはユタカ iR15EXを外貼り施工しています。

 

フィルム施工後はブラインドの取り付けが行われています。


 

和室施工後

和室のフロートガラスにもアンバー35を施工しています。

 

目隠し目的でミラータイプを施工しましたが、北西向きで西日がきつい為、暑さが和らぐことを期待できます。


 

屋上出口ドア アンバー35施工後
浴室型板ガラス施工後
階段上施工後

1枚目は 屋上出入り口ドアで、外側が型板ガラスのペアガラスでした。西日がきつく、かなり暑い様でしたのでアンバー35を施工しています。

 

2枚目は浴室の型板ガラス、3枚目は階段上の型板ガラスですが、共にユタカのシルバー遮熱フィルム iR15EXを外貼りしています。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。