施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

千葉県船橋市のE様よりリビングの窓にミラー目隠しフィルム 3Mアンバー35の施工依頼を頂戴しました。

リビングへアンバー35施工済み

千葉県船橋市の一戸建てE様より弊社HPをご覧頂き、ミラー目隠しフィルムをリビングに施工したいとのお問い合わせを頂戴しました。

 

最近の一戸建てやマンションの窓ガラスは殆どがLOW-Eガラスです。今回、施主様より窓のサイズ等の詳細情報や窓ガラスや刻印の写真を頂戴することで事前に施工の可否やフィルムの選定(施工可能なフィルムが限定的)が容易に行われました。

 

アンバー35の部屋からの明るさ、外から見た時の目隠し度も施主様のご要望にマッチできたかと思います。


 

施工前の写真

こちらは施工前の写真です。

施主様からはカーテンをしない生活がしたいとのご要望でした。夜はカーテンが必要となりますが、夕方にはシャッターを閉めるので問題無いとのことでした。

 

断熱タイプのLOW-Eガラスでした。遮熱タイプと比較すると熱割れの条件は厳しくなります。

日中、どうしてもカーテンが必要な時は薄手のレースカーテンまでとお伝えしています。

 

外から部屋の中が見られないことを知り、お子様も喜んで部屋中を飛び回っていました。


 

施工後1
施工後2

1枚目はリビングの掃き出し窓で、外からは良〜く見ないと人影も分かりません。

2枚目はリビングの腰高窓です。正面以外からは反射があるので全く見えません。


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。