施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

東京都日野市のHクリニック様より遮熱目隠しフィルム 3Mのフロストミルキーの施工依頼を頂戴しました

遮熱目隠しフィルム施工後

東京・日野市の医療機関Hクリニック様より、遮熱フィルムを施工したいとのお問い合わせを頂戴しました。

 

夏場がとても暑いので遮熱効率の良いフィルムを施工したいとのご要望でした。シルバーやスモークタイプではなく、透明タイプの遮熱フィルムで効率の良いフィルムと言うことで3M NANO40Sをお考えでしたが、社内での検討の末、目隠しタイプで遮熱効率の高いフィルムにすることになり、最終的にフロストミルキーをセレクトすることになりました。

 

施工中は12月だと言うのに真夏の様な日差しでしたが、フィルムを貼ると遮熱効果の良さを感じられました。


 

施工前外観

丁度、今年の7月に現調に伺った時で、外から見た時の様子です。

 

今まではブラインド+遮光カーテンで真夏の暑さを耐えてきたそうですが、ブラインドも古くなった為、今後は遮熱フィルム+遮光カーテンとするそうです。

 

暑さ半減のフロストミルキーはエアコンの効きも良くなり、電気代の節約につながることが期待されます。

 


 

左ブロック施工後
センターブロック施工後
右ブロック施工後

1枚目が左ブロック、2枚目がセンターブロック、3枚目が右ブロックです。

遮蔽係数0.5と言う3M フロストミルキーはかなり暑さが低減されています。

また、シルバー遮熱やスモーク遮熱と違い、フロストミルキーはフィルムを貼った後、太陽を見ても全く眩しさは感じられない点には驚きでした。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。