施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています

昭島市のY様よりリビングとダイニングの窓にミラー目隠しフィルム3Mアンバー35の施工依頼を頂戴しました

ミラー目隠しフィルム施工後

東京・昭島市のY様より数ヶ月前からお問い合わせ頂き、新築一戸建てのリビングの大きな窓にミラー目隠しフィルムを施工するかを迷っている。新居が完成した後、住んでみてから決めたいとのお話が有りました。

 

ご家族の意見を尊重され、当初の予定通りミラー目隠しとしてシルバー遮熱フィルム 3Mアンバー35を施工させて頂きました。

 

写真でお分かりの様に、アンバー35はミラーフィルム特有のギラギラ感も少なく、大変落ち着いていて、品の有るミラー目隠しフィルムに施主様も大変お気に入りの様でした。


 

アンバー35施工後、室内より

こちらは施工後の室内からの写真です。

 

アンバー35が気に入られるのは、フィルムの色(琥珀色)と明るさです。

最初の1枚を施工した後、施主様も気が付かない程の透明度と透過率(明るさ)で、言われてみれば映り込みが増したので気が付く程度です。

 

また、LOW-Eガラスへの施工でしたが、やはり窓が大きいため暑さが気になる様で、遮熱効果とUV効果のあるアンバー35を絶賛されていました。

 

窓ガラスフィルムの魅力をご理解頂き、大変有り難く思いました。


 

リビング
リビング小窓
リビング小窓 外から

1枚目と2枚目はリビングへアンバー35を施工した後の写真です。

3枚目はリビングの小窓を外からの写真です。

アンバー35は違和感が少なく、自然な感じで目隠ししてくれます。

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。