施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

横浜市のマンションM様より断熱・遮熱フィルム TW36と飛散防止フィルム SH2CLARの施工依頼を頂きました

遮熱フィルム施工後

神奈川県横浜市の築20年の低層マンションにお住まいのM様より台風や地震など災害対策を検討中で、飛散防止フィルムを施工したいとのお問い合わせを頂戴しました。

 

現地調査へ伺いお困り状況を伺ってみると、西向きのリビングは暑さや眩しさ、北向きの窓の有る寝室やキッチンは結露対策も一緒に考えたいとのことでした。

 

写真でお分かりの通り、リビングの窓は下段は型板ガラスの為、3Mの外貼り用飛散防止フィルムSH2CLARXを施工し、上段には暑さ・寒さ・眩しさも緩和させたい為、住友理工の断熱・遮熱フィルム リフレシャインTW36を施工することになりました。

寝室 TW36施工後

こちらは寝室です。

 

北向きの窓は寝室とキッチンに有り、共に結露対策にお困りの様でした。

 

施主様もペアガラスや2重ガラスでないと完全に結露対策は困難なこともご承知でしたが、先ずは断熱・遮熱フィルムTW36で様子を見て頂くことになりました。

 

当日は天気が良く、青空が広がっていました。とても気持ちの良い日でした。


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。