施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

埼玉県草加市の株式会社J社様より全ての窓へUVカットフィルム 3M SH2CLARの施工依頼を頂戴しました。

3M UVカットフィルム施工後

豊島区で雑貨等の卸売りやイベント企画を営むJ社様より弊社HPへお問い合わせ頂き、埼玉・草加市の新築一戸建てをオフィスとして使用開始に伴い室内の全ての窓にUVカットフィルムを施工したいとのご相談でした。

 

3階建て一戸建てで、大小合わせて44枚の窓ガラスに3MのUVカット/飛散防止フィルムSH2CLARを貼らせて頂きました。

 

窓ガラスは全てLOW-E複層ガラスでは有りましたが、LOW-Eガラスの場合でも紫外線は70-80%程透過するため、大きな原画や大切な商品などを紫外線から守るためにはUVカットフィルムは大変有効です。

 


 

施工前の写真

こちらは2Fの事務スペースです。

 

型板ガラスですが、LOW-E複層ガラスで凸凹は内側なので通常通りUVカットフィルムを施工しています。

 

フロートガラスに施工しているのと同様に、自然で貼られているのが全く気がつきません。

 

単層のガラスだと外から施工することが多いですが、複層ガラスはこの点便利です。


 

キッチン横長窓 施工後
2階 事務スペース施工後

1枚目、2枚目ともUVカット/飛散防止フィルムを施工した後の写真です。

 

貼ってあることが全く分からない程の透明度です。

 

3M 飛散防止/UVカットフィルム SH2CLARは虹彩現象に対応したフィルムで、内貼りした際に室内側からの虹彩現象を起こしにくくした商品となっています。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。