施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

文京区の法人N社様よりビル3Fの新オフィスの窓にミラー目隠しフィルム アンバー35を施工させて頂きました

ミラー目隠しフィルム施工後

文京区の法人N社様よりビル3階に新たにオフィスを借りたので外から見えない様なフィルムを施工したい、窓は大きく、網が入っているが、施工することはできますか?とのお問い合わせを頂戴しました。

また、施主様はビル管理会社様からも熱割れの心配があるとお聞きになっていた様です。

 

特に網入りガラスやLOW-Eガラス、ペアガラス等に遮熱フィルムを貼るケースは慎重に現地調査を行う必要があり、施工可能なフィルムも限られる旨、予めお伝えしています。

 

結果、3Mアンバー35で施工することに決まりました。

施工前

こちらは施工前の写真です。

 

ビルの3階になりますが、目の前の国道を挟んでビルが並んでおり、大きな窓から部屋の中が丸見えになってしまう為、ブラインドを下げっ放しよりもミラー目隠しフィルムを施工すれば開放感も有って良いと思ったと、施主様は話されていたました。

 

施工の当日は内装工事とバッティングしてしまい、ステンレスの柱を切断する音に悩まされました。。。


 

ビル外観

写真は施工後の外から見たところです。

 

角度の関係も有りますが、全く部屋の中は見えなくなりました。

 

 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。