施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

立川市の法人様M社様よりカッティングシートの剥離と目隠しフィルムの施工依頼を頂戴しました。

3M NANOルーチェ施工後

東京・立川市のM社様よりオフィス1Fの窓ガラスへ暑さと眩しさと目隠しを兼ねた窓ガラスフィルムを施工したいとのお問い合わせを頂きました。

 

当初は中から見えて外から見えないフィルムを検討されていましたが、全面シルバーは外観上好ましくないとのTOPのご判断で最終的にはNANOシリーズの目隠しフィルムでより遮熱効果の高いNANOルーチェを施工させて頂くこととなりました。

 

カッティングシートの剥離もさせて頂きましたが、一部だけ残すことになりました。


 

施工前の写真

こちらは施工前の写真です。

 

西向きの窓は、午後から夕方まで強い日差しが当たる為、サンシェードを立てたりと暑さ・眩しさ対策をされていました。

 

ブルーを基調としたカッティングシートが全面に貼られていますが、かなり熱を吸収していると思われます。

 

遮熱フィルムを施工するに当たり、カッティングシートは剥離することになりました。


 

施工後(内側より)
入口(MT01施工後)

1枚目はNANOルーチェを施工、外のカッティングシートを剥離した後の写真です。社名部分のみ残すこととなりました。

 

2枚目はオフィス入口で、ブルーのカッティングシートを剥離後、タクミ グラフィル ホワイトマットMT01を施工しています。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。