施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

東京・小平市の一戸建てI様より目隠し目的に3Mのシルバー遮熱フィルム アンバー35の施工依頼を頂戴しました

遮熱フィルム施工後

東京・小平市のI様より、新築一戸建ての大きな窓ガラスの目隠しに外から見えないシルバー遮熱フィルムの施工がしたいとの問い合わせを頂きました。

 

H2300mmの防犯合わせペアガラスへの施工で、唯一内貼り施工可能なのが3M アンバー35でした。また、アンバー35は可視光線反射率が54%有ることで目隠し効果高いフィルムです。

施工後、施主様(ご夫婦)は大変気に入って頂けたようです。

 

当日は猛暑で、ご入居前だったこともあり、当然エアコン未設置状態で熱中症寸前の施工でしたが、無事終了して本当に良かったです。

施工前 LD

こちらは施工前のLD側の写真です。

 

引き違い窓で高さ2300mmは中々有りませんが、流石にこれだけ窓が大きいと家の中は丸見えになってしまいます。

 

設計段階では中々わからないと思いますが、一端、サッシが取り付けられて気付くこともあると思います。

 

ミラー目隠しフィルムを施工するにしてもカーテンやブラインドは必要になりますが、昼間は開放感をenjoyできるミラー目隠しフィルムはおすすめです。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。