施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

江東区のタワーマンションにお住まいのK様より3M NANO70Sの貼り替え作業のご依頼を頂戴しました

NANO70S施工後LD

2021.7.4(日)

東京・江東区のタワーマンションにお住まいのK様邸へ既設フィルムの遮熱フィルム 3M NANO70Sの貼り替え作業させて頂きました。

K様邸は角部屋の為、リビングの窓は東向きと北向きのになります。貼り直しのフィルムの選択に断熱・遮熱フィルム(住友理工 TW32やタクミ NS70LE)も検討されましたが 、夜、フィルムの反射が若干強まる為、映り込みが気になるとのことで既設フィルムと同じ3M NANO70Sを選択されました。

 

施工後10年以上経過している為、手で触ると色が落ちるようになってきたそうですが、やはり貼り替え後は視界も良くなりご満足頂けた様です。

当日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、施工しているとフィルムによる暑さが和らぐ事が実感できました。


 

寝室
子供部屋

1枚目の写真は寝室です。

北側の窓でも結構眩しく感じられます。近頃では乱反射による紫外線が窓から差し込んでくるそうなので、紫外線を防ぐ為にもフィルム施工は意味が有ります。

 

2枚目はお子様のお部屋で、窓の幅がフィルム幅よりも広い為、センターでジョイント施工しております。

 

晴れていると遠くまで景色見えるのですが、梅雨の時期なので仕方ありません。

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。