施工事例

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

東京・西東京市のO様より断熱・遮熱フィルム 住友理工TW32とタクミNS70LEの施工依頼を頂戴しました。

リビングTW32施工後

2021.4.8(木)

東京・西東京市の一戸建てO様より、UVカットができて、夏涼しく、飛散防止効果のあるフィルムを施工したいとのお問い合わせを弊社HPからお問い合わせを頂戴しました。

 

夜、お庭をライトアップされていることもあり、フィルムは透明度が高く、映り込みも少ない遮熱もしくは断熱・遮熱フィルムを希望されました。

ガラスは全室ペアガラス、熱割れの懸念も考慮の上、1Fのリビングと和室には住友理工のリフレシャイン TW32を施工し、2Fの寝室、洋室、書斎にはタクミ グラフィル NS70LEを施工することになりました


 

洋室施工後
寝室施工後
書斎(北側)施工後

2Fにはタクミの断熱・遮熱フィルム グラフィル NS70LEを施工させて頂きました。

 

1枚目は洋室(南)、2枚目が寝室(南)、3枚目が書斎(北)です。

NS70LEはTW32と比べると若干反射率が高いので、西日の眩しさの緩和も期待でき、また角度によっては反射を利用して部屋の中が見えにくくなる為、好都合かと言えます。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。