最新情報

窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの施工事例をご紹介しています。

神奈川県・相模原市の新築マンションのK様より遮熱フィルム グラフィルNS60の施工依頼を頂戴しました。

リビングダイニング施工済み

2020.12.5(Sat)

7月の中旬頃、神奈川県相模原市のK様より新築のマンションを購入し入居時期は未定だが、遮熱フィルムの施工を検討されているので見積もって欲しいとのお問い合わせをHPから頂戴しました。

 

写真はリビングダイニングへグラフィルNS60を施工した後の写真です。先週入居されたばかりのお部屋ですが南東から南西の角部屋の為、夏はかなり暑さを感じるはずなので透明タイプで遮熱効果の高いフィルムをご選択されました。

 

当初は不動産会社から3M NANOを勧められていた様ですが、費用的にかなり抑えられた様でお喜び頂けたと思います。


 

洋室1施工後

こちらは3部屋ある洋室の1つで、寝室として使用される様です。その為、UVカットフィルムの施工を考えられていましたが、南東向きでしたので遮熱フィルムの施工を勧めさせて頂きました。

 

当初、窓のサイズは分からず、またマンションも完成していない為、お部屋の図面でサッシ型番から大凡の窓サイズを出し、概算のお見積もりを提示させて頂きましたが、実際の窓サイズは2割以上小さかったため、ほぼ予算内に収まった様です。

最終的には南東から南西向きの窓には遮熱フィルム グラフィルNS60を、北東向きの一部屋だけUVカットフィルム グラフィルSN50を施工することになりました。


 

リビングと洋室3施工後
飛散防止施工後

1枚目の写真はリビングから洋室3の写真です。

グラフィル グラフィル NS60が施工されています。少し色がついていますが、施工してしまうと全く暗さは感じられません。

 

2枚目の写真は北東側の洋室2で、UVカット/飛散防止フィルム SN50を施工しています。実は、施主様邸にはかわいい猫が3匹いました。今はこの部屋がペット専用ルームになっているそうです。写真からも想像がつくかと思います。

 


 

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスがガラスフィルムをおすすめする理由

埼玉・東京のガラスフィルム専門店オーエスワークスでは、豊富な種類のガラスフィルムを取り揃えています。
ガラスフィルムを窓ガラスに貼ることで、近い将来発生すると予測されている大地震や最近は特に巨大化する台風などによる災害、

その被害により窓ガラスが割れ、辺り一面に飛び散ることを防止することができます。

絶対に割れないガラスはありません。避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性も大いに考え

られますので、万一の時に備えて、ガラスの飛散防止の為にもウィンドウフィルムの施工をおすすめします。

どのウィンドウフィルムでも貼るだけで飛散防止効果はありますので、日射調整、目隠し、防犯など目的に合わせて選択できます。


埼玉・東京でガラスフィルムをご利用の際はオーエスワークスにお電話(080-4118-3663)で連絡ください。