最新情報

埼玉・所沢の窓ガラスフィルム施工専門店オーエスワークスの最新情報をご紹介しています。

埼玉・入間市駅南口のカリー カナリア様より透明遮熱及び目隠しフィルムの施工依頼を頂きました。

入間市駅前カリー カナリア様

2018.8.17

埼玉県入間市のカレーショップ Curry Canaria様より遮熱フィルム施工のご相談を頂戴致しました。西武池袋線の入間市駅南口のバスロータリーに面しており、近日中にオープン予定だそうです。店舗は南西向きの為、暑さ対策、紫外線対策に遮熱フィルムを施工したいとのご要望を頂きました。

 

現地調査の際には、西日や眩しさも気になるが、暗くはしたくないとのご要望でしたので、明るさ、性能、価格を考慮し、グラフィルの透明遮熱NS-60をおすすめしたところ、即決して頂けました。また、厨房の格子窓には調理時に手元が見えない程度の透過性のある目隠しフィルムをご要望され、グラフィルのフロストクリスタルFC-01で施工することになりました。

どちらのフィルムも大変気に入って頂けた様で、最後に店舗オーナーのご夫婦に写真撮影に応じて頂きました。

 


 

透明遮熱と目隠しフィルムの施工風景

店舗はビル2Fで南西向き、駅のロータリーに面し、高い建物が無い為、夏場は午前中から強い日差しが、向かって右側の窓から入ってきており、暑さ、眩しさ、西日、紫外線にお悩みの様でしたが、グラフィルの透明遮熱NS-60は透明度も高く、反射性能も程よく有るため、施工後には”暑さが違います”とのお言葉を頂けました。

 

一方の厨房の格子窓へは、グラフィルのフロストクリスタルFC-01を施工させて頂きましたが、ご主人のご要望で、ガラスの内側に調味料を並べた際にお客様から透けて見える程度の透過率を持ったフィルムが良いとのことでした。きっとイメージ通りになったのではと感じています。

 


 

南西向き窓に透明遮熱フィルム
厨房に目隠しフィルム
カリー カナリア様 入間市駅南口

1枚目はカレーショップ店舗内。透明遮熱フィルム施工完了時。

2枚目は厨房の格子窓で、一番下の段にフロストクリスタルを施工。

3枚目はCURRY Canaria様 外観(西武池袋線 入間市駅 南口 和田ビル2F)

 

カレーショップは近日中オープンだそうです。

施工中も、オープンに向けての準備でお忙しい様子でした。

 

入間市方面に行かれた際は、是非、カレーショップ CURRY Canariaに足を運んでみては如何でしょうか?